[記事概要]

  • 近年、世界的な企業で「CSO(Chief Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)」という役職が新設されている。
  • イケア(IKEA)、アディダス(Adidas)、パタゴニア(Patagonia)、ウォルマート(Walmart)のサステナブルな取り組みの事例が紹介されている。
  • 著者は事例をもとに「会社を挙げて推進していくには、CSOを設置し経営に対する強い発言権を持たせること、そしてCSOにDX(デジタルトランスフォーメーション)を任せることが重要」と考えている。

[関連リンク]