[記事概要]

  • ZUU online編集部は、大丸松坂屋百貨店が運営する暮らしを豊かにするためのライフスタイルメディア「J PRIME」に「ビーガンや人工肉の関連銘柄は?ESGの側面で今後も注目」というコラムを掲載した。
  • ESG投資が重視されている現在、動物性食品を一切使わない食用の肉「代替肉」をはじめとする「代替たんぱく源」の需要が広まっているという。
  • 「代替肉」と「代替たんぱく源」の将来性と、注目されるビーガン関連の国内上場企業を4つ紹介した。
  • ビーガン関連の国内上場企業

    1. モスフードサービス
    2. 伊藤ハム
    3. スターゼン
    4. 大塚ホールディングス
  • 詳細は紹介記事にて。

[関連リンク]