[記事概要]

  • 2020年7月13日、経済産業省は、ビッグデータ、IoT、AIなどデジタル技術が社会を急激に変えていく中で、「イノベーションの促進」と「社会的価値の実現」を両立する、新たなガバナンスモデルの必要性と、その在り方を示す「GOVERNANCE INNOVATION: Society5.0の実現に向けた法とアーキテクチャのリ・デザイン」報告書を公表した。
  • 同報告書の主な内容は下記の通り。

    1. Society5.0実現に向けた「新たなガバナンスモデル」の必要性
    2. 本報告書における分析枠組
    3. 既存のガバナンスモデルが直面する課題
    4. 各主体によるガバナンスの長所と課題
    5. 新たなガバナンスモデルのフレームワーク
    6. 新たなガバナンスモデルにおける政府・企業・個人の役割
    7. 新たなガバナンスモデル実現に向けた取組み
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]