[記事概要]

  • 2020年7月6日、世界経済フォーラムは「今後5年間でテクノロジーが世界をどう変えるか」をテクノロジー・パイオニア2020選出企業に見解を求めた結果をコラムにまとめた。
  • 紹介記事では量子コンピューターや5G技術など、世界を変える17の方法として近未来予測が紹介されている。
  • 「世界を変える17の方法」は下記の通り

    1. AI(人工知能)による製造の最適化
    2. 広範囲にわたるエネルギートランスフォーメーション
    3. コンピューティングの新時代
    4. 食習慣による予防への医療のパラダイムシフト
    5. 世界経済を強化し、命を救う5G
    6. 癌管理のニューノーマル
    7. 小売におけるロボット応用
    8. 物理空間と仮想空間の曖昧化
    9. 医療機関中心から個人中心の医療へ
    10. 建設の未来はすぐそこ
    11. ギガトン単位の二酸化炭素除去で気候変動問題を解決
    12. 医学の新時代
    13. 富のギャップの解消
    14. 「デジタルツイン」が支えるクリーンエネルギー革命
    15. 表面に隠されたミクロの世界の解明
    16. 機械学習とAIによる高炭素産業の脱炭素化
    17. プライバシー保護の普及と優先
  • なお、日本企業ではABEJAとCureAppの2社がテクノロジー・パイオニア2020に選出された。
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]