BCG カーボンニュートラル経営戦略 (日経ムック)

[出版社 内容紹介]

企業が脱炭素に取り組むことが重要課題に。CO2を実質排出しない「カーボンニュートラル」に取り組み、企業成長につなげる経営戦略を解説。

“脱炭素"で成長する「守り」と「攻め」の取り組み

122兆ドルーー巨額投資が続く「約束された市場」の全体像とは? 製造業(産業財・消費財)、小売、通信、銀行、化学、エネルギー……主要産業の課題と対策を徹底分析!

地球温暖化による気候変動が、生活やビジネスに大きな負の影響を及ぼし始めています。気候変動対策に積極的なバイデン米政権誕生、菅義偉首相の「カーボンニュートラル宣言」などの後押しもあり、CO2削減に取り組むことが世界中で喫緊の課題です。

企業にとっても、自社の事業でCO2の排出をゼロにする「脱炭素」「カーボンニュートラル」に取り組むことが、重要な経営戦略となっています。企業がカーボンニュートラルに取り組むことは、決してマイナスではありません。むしろ新たな事業機会や市場を創出し、競争優位を構築することができます。

カーボンニュートラルへの取り組みで自社を成長させるために、どのような戦略を実行すればよいのか。世界トップクラスのコンサルティングファームが、全体像を明らかにし、主要産業の課題と対策を3つの枠組みで徹底分析します。

[著者コメント]

カーボンニュートラルに向かう世界的な潮流は、企業にリスクとチャンスの双方をつきつけています。本書では、これを機会として競争優位性を築くために企業はどのように対応すべきか、各分野の識者との対談や事例をまじえ考察しています。

引用:ボストン コンサルティング グループ(BCG)

[目次]

  • はじめに なぜ今、「カーボンニュートラル」について考えるべきか
  • *PROLOGUE カーボンニュートラルへの対応を考える枠組み 独自の戦略を構築するために4つのステップで捉える
  • Part 1 カーボンニュートラルの全体像を理解する
  • Part 2 企業の対応を考える
  • Part 3 業界特性を織り込む

[書籍情報]

  • 著者:ボストン コンサルティング グループ(BCG)
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • 発売日:2021-04-27
  • ページ数:112頁
  • 価格:1,800円+税