[記事概要]

  • 2020年8月6日、セゾン自動車火災保険は「消費者行動の変化に関する調査」を実施し結果を公表した。
  • 同調査は「レジ袋の有料化」と「新型コロナウイルスの感染拡大」を受け消費者の購買行動が変化していると想定されたため実施した。
  • 調査のポイントは下記の通り

    • レジ袋有料化については、その目的を含め全世代に理解が浸透
    • 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3人に1人の消費者行動(食料品や日用品などの購買スタイル)が変化
    • 8割を超える方がレジ袋の購入を控え、持参したエコバッグや買い物袋で対応
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]