[記事概要]

  • 2020年6月30日、経済産業省(以下、経産省)は2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」(GNT)に選定した企業を公表した。
  • 経産省は「世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、国際情勢の変化の中でサプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する優良な企業」をグローバルニッチトップ企業と定義し、2020年版では113社を選定した。
  • 選定項目は下記の通り

    1. 世界シェアと利益の両立
    2. 技術の独自性と自立性
    3. サプライチェーン上の重要性
  • 部門ごとの選定企業数は下記の通り

    1. 機械・加工部門 (61社)
    2. 素材・化学部門 (24社)
    3. 電気・電子部門 (20社)
    4. 消費財・その他部門 (8社)
  • 連続受賞した企業は下記の通り

    1. NITTOKU株式会社(6145)
    2. 株式会社⼩森コーポレーション
    3. 株式会社環境経営総合研究所
    4. 株式会社イシダ
    5. 株式会社フルヤ⾦属
    6. ナミックス株式会社
    7. 株式会社社JEOL RESONANCE
    8. 東京応化⼯業株式会社
    9. オプテックス株式会社
    10. エスペック株式会社(6859)
    11. テイカ株式会社(4027)
    12. 株式会社アタゴ
    13. ⼭⼋⻭材⼯業株式会社
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]