[記事関連リンク]


[記事関連書籍]

CFOポリシー 財務・非財務戦略による価値創造(中央経済社)

[出版社 内容紹介]

CFOは「企業価値の番人」、「企業価値の創造者」といわれる。ガバナンスや財務リテラシー、ESGとそのIRを改善することが企業価値を向上させる方策であるなどを説く。

日本企業は、ESGをはじめとする非財務資本の大きな潜在価値を有しているにもかかわらず、資本市場から過小評価されている。それを打破するには、CFOポリシーによるコーポレートガバナンスやROEを軸とする財務リテラシーの向上、ESGの開示と説明の改善が必要である。本書ではROEとESGを同期化する「ROESGモデル」を提言し、そのエビデンスとケースを提示する。

[目次]
  • 第1章 わが国のガバナンス改革と世界の投資家の視座の変遷
  • 第2章 近年の世界の投資家の視座―2018年調査の詳細と2019年調査速報
  • 第3章 不都合な真実―日本企業の保有現金100円は50円
  • 第4章 企業価値を高めるCFOポリシー―財務戦略マップ
  • 第5章 ROE経営とエクイティ・スプレッド
  • 第6章 企業価値創造する投資採択基準(VCIC)
  • 第7章 最適資本構成に依拠した最適配当政策
  • 第8章 CFOの非財務戦略としての「ROESGモデル」の提言
  • 第9章 ROESGモデルの定量的エビデンス
[書籍情報]
  • 著者:柳良平
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日:2019-12-17
  • ページ数:256頁
  • 価格:2,700円+税