[記事関連リンク]

[記事関連書籍]

グリーン投資戦略ハンドブック(東洋経済新報社)

[出版社 内容紹介]

世界の機関投資家が注目する環境先進企業・金融商品はこれだ!

環境分野の最先端のテクノロジー・ファンド・債券・規制・政策がこれ一冊でわかる!

責任投資やESG投資、PRI、CDPに関心のある機関投資家、CSR・IR担当者必読の書

本書の目的は、低炭素なグローバル経済へ移行する際に核心となる最先端の環境テクノロジーについて、主要な特色、リスク、また投資見通しを検討し、併せて世界を代表する専門家の見解を示すことにある。

本書は、全体を3部に分けている。第1部では、すでに確立している優れた低炭素技術とサービスを扱う。第2部では、投資家が利用できる投資技術や投資商品について検討する。第3部では、規制や政治的な見通し、また環境関連商品やサービスに既に資金を投じている機関投資家と代表的企業をケーススタディとして取り上げている。

[目次]
  • 序文
  • グリーンエコノミーへ転換するために
  • 低炭素社会に向けた投資について 英国政府の見解
  • はじめに
  • 環境市場クイズ
  • 第1部 環境と低炭素テクノロジー

    • 第1章 風力発電
    • 第2章 太陽エネルギー市場 新たな局面へ
    • 第3章 水力発電と海洋発電
    • 第4章 地熱発電
    • 第5章 バイオマス
    • 第6章 水技術とインフラ
    • 第7章 ヒートポンプ
    • 第8章 持続可能な森林投資
  • 第2部 投資アプローチ・投資商品と市場

    • 第9章 環境テクノロジー関連企業のパフォーマンス測定
    • 第10章 気候変動債券 投資の実例
    • 第11章 炭素強度の測定とリスク
  • 第3部 規制・奨励策、投資家と企業のケーススタディ

    • 第12章 政策による規制 リスクとチャンス
    • 第13章 低炭素社会について 投資ポートフォリオの見方
    • 第14章 【投資家のケーススタディ】公的年金の投資に伴う論点
    • 第15章 【投資家のケーススタディ】機関投資家の“クリーンテック”へのアプローチ
    • 第16章 【投資家のケーススタディ】低炭素な投資と考慮すべき事柄
    • 第17章 【企業のケーススタディ】自動車輸送の炭素化へのチャレンジ
    • 第18章 【企業のケーススタディ】水の循環における海水淡水化の位置づけ
  • おわりに
  • 訳者あとがき
[書籍情報]
  • 著者:ウィル オールトン
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 発売日:2014-03-07
  • ページ数:300頁
  • 価格:4,200円+税