[記事関連書籍]

SXの時代 究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営(日経BP)

[出版社 内容紹介]

「サステナビリティ経営」を戦略の核にしない企業は、今後生き残れない!

いま世界で、本格的にサステナビリティを軸にした経営改革(サステナビリティ・トランスフォーメーション=SX)に取り組む企業が増えています。

SX先進企業は、CO2(二酸化炭素)排出ゼロ(ゼロエミッション宣言)を目標に打ち出し、企業内だけでなく、取引先を含めたサプライチェーン全体で、ビジネスの根幹から環境や社会に配慮するために、事業ポートフォリオ・ビジネスモデルの根本的見直しや、事業自体の再創造に取り組んでいます。 こうしたグローバルな巨大企業の方針変更は、当然、サプライチェーンに属する数多くの取引先にも影響が及び、対応できない企業は脱落していきます。つまり、自社が望もうが望むまいがサステナビリティ経営に向き合う必要があるのです。

サステナビリティ経営のムーブメントは、日本にも押し寄せています。ところが、日本企業の危機意識は残念ながら希薄で、「利益につながる事業の本丸」とまでは本気で考えていないところが大半です。その結果、各社ともそれなりのコストと人をかけてこのテーマに取り組んでいるにもかかわらず、どこか「事業の本丸とは別世界で繰り広げられるアピール合戦」の様相を呈しています。

本書『SXの時代』は、読者の方々を、こうした「ムダなサステナビリティ・SDGs合戦」から解放すべく、著者であるPwC Japanグループの敏腕コンサルタントが、読者のみなさんを「本当のサステナビリティ経営」へといざないます。サステナビリティ経営の基本から、利益を出すための要諦、KPIを設定したマネジメント方法まで、数多くの事例とともにわかりやすく解説しました。

その他詳細:サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)実現に向けた具体的手法を紹介/PwC

[目次]
  • 序章 あなたの会社のサステナビリティ経営は本物か?
  • 第0章 「本物のサステナビリティ経営」とは何か?
  • 第1章 なぜSXが求められているのか?
  • 第2章 統合思考でビジネスへの影響を考える
  • 第3章 七つの長期的構造変化
  • 第4章 未来志向型SXの三つのタイプ
  • 第5章 トレードオンを阻む五つの壁
  • 第6章 「五つの壁」を乗り越え、トレードオンを生み出す
  • 第7章 自分の北極星を見つける
  • 第8章 SXを実現する仕組みづくり
  • 第9章 成長を続けるリスク・レジリエントな企業の条件
  • 第10章 先進企業トップが語るSXの真髄

    青井 浩氏(丸井グループ)/亀澤 宏規氏(三菱UFJフィナンシャル・グループ)/新浪 剛史氏(サントリーホールディングス)/丸山 和則氏(DSM Japan)/柳 良平氏(エーザイ、早稲田大学)/山田 進太郎氏(メルカリ)/ヘレン・フォン・ライス氏(イケア・ジャパン)/カローラ・リヒター氏、石田 博基氏(BASF)

  • 付録 プレ財務情報の「見える化」を実現する方法
[書籍情報]
  • 著者:PwC Japanグループ 坂野俊哉氏、磯貝友紀氏
  • 出版社:日経BP
  • 発売日:2021-04-08
  • ページ数:408頁
  • 価格:2,000円+税