[記事概要]

  • 2020年7月29日、経済同友会は国内の電源構成について、2030年に太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー比率を 40%に引き上げるべきだとする政策提言をまとめた資料を公表した。
  • 現状(2018年)の再生可能エネルギー比率は 17%に留まる。
  • 高い目標を達成するためには「政府による明確な意思表示と政策誘導、民間企業による積極的かつ継続的な投資、国民の地球温暖化やエネルギーに対する意識変革と行動変容が不可欠である」との見解を示した。
  • 紹介記事では、2019年度 環境・資源エネルギー委員会 委員長 石村和彦氏(AGC 取締役)が解説する動画が掲載されている。
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]