[記事概要]

  • 2020年7月28日、みずほ情報総研は大企業がサプライヤーとなる中小企業の脱炭素化に向け、協同することについてのコラムを掲載した。著者は環境エネルギー第2部 小林将大氏。
  • 2020年4月、SBTイニシアチブが中小企業向けSBT(Science Based Targets)申請書を公開したことを紹介。中小企業にとっても申請しやすいものとなっているという。
  • 中小企業が脱炭素に取り組むことは、大企業のサプライチェーン全体の排出量削減に繋がるため意義が大きいという。
  • 大企業はサプライヤーとなる中小企業に対して、ノウハウを共有することが脱炭素化を促進する鍵になるという。
  • 紹介記事では Kellogg(ケロッグ)と Apple のサプライヤーへの取り組みが紹介されている。
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]