[記事概要]

  • 2021年8月20日、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は4回目となる「ESG活動報告」を公表した。
  • 昨年度開始した「気候関連財務情報開示タスクフォース」(TCFD)の提言を受けた分析について、今年はさらに分析対象を広げ、気候変動によるリスクと機会の資産横断的な評価にチャレンジしたとのこと。
  • 「2020年度ESG活動報告」の主なコンテンツは下記の通り。

    1. 【第一章】ESGに関する取組み

      1. ESG指数の選定とESG指数に基づく運用
      2. 株式・債券の委託運用におけるESG
      3. スチュワードシップ活動とESG推進
      4. 指数会社・ESG評価会社へのエンゲージメント
      5. オルタナティブ資産運用におけるESG
      6. ESG活動の振り返りと今後について
    2. 【第二章】ESG活動の効果測定

      1. ESG指数のパフォーマンス
      2. ポートフォリオのESG評価
      3. ESG評価の国別ランキング
      4. 日本企業におけるジェンダーダイバーシティ
    3. 【第三章】気候変動リスク・機会の評価と分析

      1. 気候関連財務情報の開示・分析の構成と注目点
      2. ポートフォリオの温室効果ガス排出量等の分析
      3. Climate Value-at-Riskを用いたリスクと機会の分析
      4. 移行リスクと機会の産業間の移転に関する分析
      5. SDGsへの貢献を通じた収益機会に関する分析
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]

[Twitter投稿]