[記事概要]

  • 2020年8月19日、ジャストシステムはマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で「マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査」の結果を発表した、
  • 当調査は事前調査で「企画・マーケティング・販売促進」を担当していると回答した、20~59歳の会社員348名が対象。
  • 主な調査内容は下記の通り。

    1. マーケターの約6割が、SDGsを認知。上場企業に限ると、約7割が認知
    2. SDGsをマーケティング施策に採り入れるときの課題は、「費用対効果の明確化」
    3. SDGsをマーケティング施策に採り入れるときの課題は、「費用対効果の明確化」
    4. マーケターが選ぶ「SDGs企業」TOP3は、トヨタ自動車(10.3%)、パナソニック(7.9%)、サントリーホールディングス(5.0%)
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]