資本主義の主要な担い手である企業には、SDGsをはじめとするグローバルな社会的課題の解決を通じた中長期的な企業価値の向上が求められている。その鍵となるのは、多様なステークホルダーとの協創、対話であり、その実現に向けてコーポレートガバナンスの果たす役割は極めて重要である。

引用:経団連 コーポレートガバナンス・コード改訂案への意見 2021-05-07


[関連リンク]