[記事概要]

  • 2020年7月17日、SankeBizは「ソーシャルボンド(社会貢献債)」が拡大しているというコラム記事を掲載した。
  • 新型コロナ対策の資金調達で発行される債券「コロナ債」の発行が相次いでおり、債券市場では「ソーシャルボンド(社会貢献債)」の存在感が急速に高まっているという。
  • 2020年6月末までに発行されたコロナ債は2758億ドル相当(約29兆7000億円)に上る。(野村資本市場研究所調べ)
  • 「SDGs債」のうち、グリーンボンド(環境債)の発行額比率は昨年から大幅に低下した一方、ソーシャルボンドは約6%から約28%に拡大している。
  • 詳細は紹介記事と下記の関連リンクにて。

[関連リンク]