[出版社 内容紹介]

SDGs、ESGはカーボンニュートラル実現につながっている! 気候変動に対応し脱炭素でも収益を上げられる事業改革を詳細に解説。

2015年のパリ協定採択以降、気候変動をめぐる潮流が世界で加速しています。気候変動というアジェンダは、今後の企業経営にとって極めて重要な意味をもつようになっています。

一歩梶取りを誤れば、事業の競争力が削がれ、企業の存続が危ぶまれるリスクとなっているのです。

一方で、適切に自社を適合させることができれば、企業価値の向上と持続可能性の実現に寄与する機会にもなり得ます。 気候変動にかかる情報は日々あらわれていますが、企業経営の目線から気候変動問題を論じている書籍は未だあまり見られません。

科学的根拠にもとづき人類社会に警鐘を鳴らすものや、将来について技術的な観点を中心に論じるものがほとんどです。 本書の執筆に関わった私たちは、特に日本企業および産業が、気候変動をめぐる社会の動向を読み違え、対応を誤ることにより、国際的な競争力を阻害される事態を危惧しています。

本書は、経営層を中心に企業で働くビジネスパーソンが、自身の文脈に照らして気候変動問題を捉え、自社において取るべき対策を検討する契機となることを狙いとしています。

著者は、ESG対応型の経済・経営への変革推進を支えるコンサルティングチームである、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社のストラテジック・インパクト・ユニットに属する ESGエコノミクス・ストラテジー・チームのメンバーです。

[目次]

  • 第1章 気候変動をめぐる国際潮流 /カーボンニュートラルを実現する社会経済変革
  • 第2章 気候変動と金融機関・投資家投融資への圧力が変革を促す
  • 第3章 気候変動と経済安全保障
  • 第4章 気候変動経営/経済と環境を両立させる社会と企業経営の実現
  • 第5章 気候変動対応の事業変革/カーボンニュートラルでも稼ぐ方法
  • 第6章 TCFDシナリオ分析/気候変動リスクに強い企業になる方法
  • 第7章 脱炭素技術をサプライチェーンに取り入れる/再エネ・水素・新技術
  • 第8章 気候変動とサーキュラーエコノミー
  • 第9章 気候変動と行動科学
  • 第10章 日本を救う「50 年経営」/長期的視点の経営で投融資家を味方に
  • 第11章 未来を共創する

[書籍情報]

  • 著者:EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • 発売日:2021-06-28
  • ページ数:288頁
  • 価格:2,800円+税

[関連リンク]