カルビー株式会社(2229) - ESG/CSR/サステナビリティ評価・格付情報

この画像はデフォルトのカバー写真です

未登録

カルビー株式会社

http://www.calbee.co.jp/company/

SUSTAINA ESGレーティング

SUSTAINA ESGレーティングについて
SUSTAINA ESGレーティングは独自のアルゴリズムで算出した総合評価(SUSTAINAスコア)を、債権・株式投資市場で用いられる格付符号で表した相対評価です。 SUSTAINA ESGレーティングの格付符号はAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、Dの10等級、AAからCにつきましてはその中での相対的な強弱を示す「+」「-」の区分符号があり、合計26の符号で相対評価を表しています。最高位のAAA(トリプル・エー)は評価対象企業の上位 3%です。詳細 »
  • AAA
  • AA
  • A
  • BBB
  • BB
  • B
  • CCC
  • CC
  • C
  • D
  • -
  • 最高位
  • 高位
  • 中位
  • 低位
  • 未評価

持続性指標

持続性指標について
企業の設立及び上場してから現在までの経過年月情報です。
  • 存続年月
    存続年月について
    設立年月から起算し、存続し続けている期間(年月)です。
    68年 10ヶ月 (設立年月:1949年04月)
  • 上場維持年月 6年 11ヶ月 (上場年月:2011年03月)
    上場維持年月について
    上場年月から起算し、維持し続けている期間(年月)です。

ランキング

ランキングについて
SUSTAINAの総合スコアを用いたランキング情報です。「総合ランク」は評価データがある全企業が、「業種内ランク」は当該企業が属している東証33業種内の企業がが、「市場ランク」は当該企業が属している株式市場内の企業が、「都道府県内ランク」は当該企業の本社があるエリア内の企業を比較対象とした相対的な評価情報です。
  • 総合ランク: -- 位 / 3,943 社中
  • 業種内ランク: -- 位 / 150 社中
  • 東証1部内ランク: -- 位 / 2,028 社中
  • 東京都内ランク: -- 位 / 2,023 社中

ESGスコア by SUSTAINA AI

ESGスコア by SUSTAINA AIについて
当該企業がWebサイトで公表している情報を対象に、社会的責任に関する国際規格「ISO26000」をベースとした評価項目で、AI技術を用いて調査・分析し「企業のサステナビリティ度合い」を計ったサステナ独自の評価指標です。

-- (業種平均:--)

SUSTAINA AI評価 ESGレーダーチャート

各ESGスコア

環境 --
社会 --
組織統治 --

SUSTAINA AI評価 ESG詳細レーダーチャート

各ESG詳細スコア

社会的責任全般 --
組織統治 --
人権 --
労働慣行 --
環境 --
公平な事業慣行 --
製品・サービス責任 --
コミュニティ参画・発展 --
  • 最終更新日:2015年09月15日

ESGスコア by ステークホルダー

ESGスコア by ステークホルダーについて
当サイトの利用者(会員・非会員問わず)がステークホルダーの視点で企業を評価したスコアです。評価数が増えるほど総合スコア及びESGレーティングへの影響度は高まります。是非、企業評価にご参加ください »

-- (業種平均:--) 評価数:0

カルビー株式会社の「ESGスコア by ステークホルダー」情報はありません。
下記の「評価・応援する」ボタンから、この企業と関わりのある立場(サービス利用者、従業員、株主、取引先など)として、匿名で「評価・応援」することができます。

ESGスコア by セルフレポート

ESGスコア by セルフレポートについて
ESGスコア by セルフレポートは当該企業が当サイトで登録した非財務情報(ESG/CSR/サステナビリティ情報)をスコア化した評価情報です。

--

カルビー株式会社の「ESGスコア by セルフレポート」情報はありません。 「ESGスコア by セルフレポート」は企業側から非財務情報(ESG/CSR/サステナビリティ情報)の登録・情報開示があった場合に表示します。カルビー株式会社から非財務情報の登録・情報開示をご要望の方は「情報開示を要望する」ボタンを押してください。

ステークホルダー要望(情報開示要望)

現在、カルビー株式会社からの非財務情報(ESG/CSR/サステナビリティ情報)の登録・情報開示はありません。カルビー株式会社から非財務情報の登録・情報開示をご要望の方は「情報開示を要望する」ボタンを押してください。

カルビー株式会社の関係者さまへ

ESG/CSR主要語句 出現回数

ESG/CSR主要語句 出現回数について
当該企業のWebサイト(サステナが定めた調査対象ページ)の中で、ESG/CSRに関連する語句が出現した回数です。

調査・分析ページ数:146

語句 出現回数 出現率
サステナブル・サステナビリティ -- --
持続的な成長 -- --
CSR -- --
社会的責任 -- --
ESG -- --
環境 -- --
社会 -- --
ガバナンス・企業統治 -- --
SDGs・社会的課題の解決 -- --
CSV経営・戦略・活動 & 共通・共有価値 -- --
語句 出現回数 出現率
コンプライアンス・法令遵守(遵守) -- --
リスクマネジメント・危機管理 -- --
内部統制 -- --
情報セキュリティ -- --
ISO -- --
安心・安全 -- --
研究開発・R&D -- --
企業価値・価値創造 -- --
経済的価値 -- --
社会的価値 -- --
  • ESG/CSR主要語句 出現回数調査:SUSTAINA運営事務局
  • 最終更新日:2018年01月12日

東洋経済新報社 CSR格付

東洋経済新報社のCSR格付について
株式会社東洋経済新報社からご提供頂いているCSR格付情報です。当評価情報は同社が年に1回、企業に調査票を送付し回答があった情報をもとに5段階(AAA,AA,A,B,C)で評価・格付けした情報です。※尚、一定の有効回答が得られない場合や、評価得点が上位500位に入らなかった場合は「--」と記載。また、未回答の場合は「N/A」と記載しています。

CSR格付チャート

CSR格付データ

2016年 2017年 2018年
環境 -- -- --
社会性 -- -- --
企業統治 -- -- --
人材活用 -- -- --

CSR格付は東洋経済新報社の「CSR企業総覧」データの提供を受けて情報を掲載しています。

カルビー株式会社の関係者さまへ

企業情報

企業名 カルビー株式会社
証券コード 2229
業種 食料品 , 食品
エリア 関東 , 東京都
本住所 東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館
分類タグ
分類タグ
当該企業に関連した分類語句(CSR用語・株価指数・事業テーマなど)を記しています。
JPX日経インデックス400 , MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数 , MSCI日本株女性活躍指数
URL http://www.calbee.co.jp/company/
事業内容 現在、事業内容の登録はありません。企業側から情報が登録されますと表示します。
CSR担当者コメント 現在、CSR担当者コメントの登録はありません。企業側から情報が登録されますと表示します。
ソーシャルメディア公式アカウント

規模関連情報

上場区分 上場企業
上場市場 東証1部
設立年月
1949年04月
資本金
100億円以上~500億円未満
連結従業員数
1000人以上~5,000人未満
単独従業員数
10,00人以上~5,000人未満
連結売上
1000億円以上~5000億円未満
単独売上
1,000億円以上~5,000億円未満

長期債格付情報

ムーディーズ(Moody's) --
スタンダード&プアーズ(S&P) --
フィッチ・レーティングス(Fitch) --
日本格付研究所(JCR) --
格付投資情報センター(R&I) --
  • 調査:SUSTAINA運営事務局
  • 最終更新日:2017年03月01日

ステークホルダーの立場の尊重に係る取組み状況

環境保全活動、CSR活動等の実施

環境保全活動については、環境対策部が中心となって地域との共生やCO2削減、省エネルギー活動を推進しております。また、社会貢献活動は社会貢献委員会が中心となって、地域社会活動や被災者への救援活動に積極的に取り組んでおります。活動の内容は、「社会・環境報告書」に記載し、ステークホルダーに対して定期的に報告を行っております。


ステークホルダーに対する情報提供に係る方針等の策定

IR情報開示方針を定め、適時適切な情報開示を行っております。


社内規程等によりステークホルダーの立場の尊重について規定

カルビーグループビジョンにおいて「顧客・取引先から、次に従業員とその家族から、そしてコミュニティから、最後に株主から尊敬され、賞賛され、そして愛される会社になる」ことを目指しております。


その他

ダイバーシティの推進「女性の活躍なしにカルビーの成長はない」という確固たる信念のもと、性別のみならず国籍、年齢、障がいの有無などの垣根を越えた多様性のある企業を目指しており、これが会社が成長するための原動力につながるものと考えております。2015年3月には、昨年に引き続き、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「なでしこ銘柄2015」に女性活躍推進企業として選定され、経済産業省がダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」とのダブル受賞となりました。現在最も力を入れている女性の活躍に関しては、女性管理職の比率が4年前と比べて3倍以上になりました。また、取締役1名(2015年10月1日現在)、執行役員に5名(2015年4月1日現在)の女性を登用したほか、昨年には初の女性工場長が誕生しております。目下の目標は、2020年女性管理職比率30%としております。最終的には管理職と全従業員のそれぞれの男女比率が同じになることを目標としています。 ・日本国内のカルビー単体の女性社員比率:36.1%(2015年4月1日現在) ・日本国内のカルビー単体の女性管理職比率:19.8%(2015年4月1日現在) ※女性管理職比率は、課長・部長・本部長執行役員の管理職全体に占める女性比率


  • 出典:コーポレート・ガバナンス報告書
  • 最終更新日:2015-11-04

企業不祥事情報

企業不祥事情報について
サステナ調査による企業不祥事情報です。当サイトに不祥事情報が登録されますと、不祥事の内容(故意なのか過失なのか、事故なのか事件なのかなど)や企業存続・持続的成長への影響度に応じて、10段階の不祥事レベルに分類され、総合スコアは減点(= ESGレーティングに影響)します。不祥事レベルが低い場合、マイナスされる割合は低く期間は短くなります。逆に、不祥事レベルが高い場合、マイナスされる割合は高く期間は長くなります。

当該企業の不祥事情報はありません。

不祥事防止の取り組みについて

現在、不祥事防止に関する企業コメントはありません。当該箇所は企業側から不祥事防止に関するコメントが登録されますと表示します。

最新ニュース

CSR 最新ニュース

現在、RSS情報の登録はありません。
当該箇所は企業側からRSS情報が登録されますと表示します。

サイト内リンク